JCBのポイントのたまり方・使いみち・還元率の高い交換先とレート

JCBのポイント

JCBカードは使うとJCB共通のポイントである「Oki Dokiポイント」というポイントがたまります。

Oki Dokiポイントはどのようなしくみでたまって、どんな使いみちがあるのでしょうか。

また還元率はどれくらいなのか、お得な交換先は何なのか気になる人も多いと思いますので、本ページではOki Dokiポイントのたまり方や使いみち、還元率の高い交換先や交換レートをまとめましたので参考にしていただければと思います。

JCBカードのポイントのたまり方

JCB ポイント

JCBカードを利用すると、基本的に1,000円で1ポイントの「Oki Dokiポイント」がたまります。

たまったOki Dokiポイントで様々な商品と交換できたり、他社のポイントや、マイル、電子マネーなどと交換することもできます。

Oki Dokiポイントの価値は1ポイント5円相当

Oki Dokiポイントは1ポイント5円相当のものと交換ができるので、Oki Dokiポイントの価値は1ポイントで5円相当です。

JCBカードでは各月の合計利用金額に対してポイントがたまるため、端数があっても無駄になりません。

税込金額に対してポイントがたまるのも地味に嬉しいですね。

また、JCBカードに紐付いた「QUICPAY」を利用した金額についても、ポイント付与の対象となります。

そのため、少額決済が多い人でもしっかりとポイントをためることができます。

ポイントの付与時期・確認方法

JCB ポイント 付与日

なお、ポイントは毎月10日の支払日に付与されます。

たまったポイントは以下の3種類の方法で確認できます。

Oki Dokiポイントの確認方法
  • 会員サイトのMyJCBで確認
  • カードご利用代金明細書で確認
  • 商品申込やカタログ請求ダイヤルで確認

Oki Dokiポイントの使いみち

JCB ポイント 交換先

次にOki Dokiポイントの使いみちです。

Oki DokiポイントはJCBギフトカードと交換したりAmazonの買い物時に使用することができ、その他にも他社のポイントや商品と交換することができます。

Oki Dokiポイントの交換先
  • JCBギフトカードと交換
  • ディズニーチケット
  • キャッシュバック
  • Amazonの買い物時に使用できる
  • 他社ポイントと交換
  • 商品と交換

多くの使いみちがあるのですが、主な交換先と交換レートをまとめると以下のようになります。

交換先 交換レート
JCBギフトカード 1ポイント=4.76円
東京ディズニーリゾートのパークチケット 1ポイント=4.9円
キャッシュバック 1ポイント=3円
Amazonでのポイント利用 1ポイント=3.5円
スターバックスカードへチャージ 1ポイント=4円
JALマイル 1ポイント=3マイル
ANAマイル 1ポイント=3マイル
nanacoポイント 1ポイント=5円相当
ビックポイント 1ポイント=5円相当
ベルメゾンポイント 1ポイント=5円相当
セシールポイント 1ポイント=5円相当
WAONポイント 1ポイント=4円相当
dポイント 1ポイント=4円相当
楽天スーパーポイント 1ポイント=4円相当
商品
(ダイソン V10 コードレスクリーナー)
16,100ポイント
商品
(ルンバ)
9850ポイント

nanacoポイントビックポイントなど、一部のポイントで1ポイント5円相当のポイントと交換することができ最も効率が良いです。

ついで、東京ディズニーリゾート(1ポイント4.9円)のパークチケットやJCBギフトカード(1ポイント4.76円)がお得です。

その他にもAmazonの支払いに使ったり、キャッシュバックとして現金として使えるので使い勝手は良いのですが、Amazonの支払いでは1ポイント=3.5円、キャッシュバックの場合は1ポイント=3円となるため若干効率が落ちます。

このあたりは利便性を取るかお得度を取るかで交換先を決める必要があります。

マイルにも交換できる

また、Oki Dokiポイントはマイルにも交換が可能で、JAL・ANAともに交換レートは1ポイントで3マイルです。

マイルは使い方によって1マイルの価値が大きく変わるため、金額換算するのは難しいですが、1マイル1.5円と考えるとOki Dokiポイント1ポイントを4.5円で使っていることになります。

なお、商品と交換することができますが、商品への交換は総じて交換レートが悪くおすすめできません。

お得でない商品に交換することは、結果的にカードの還元率を下げることになってしまいます。
(還元率=交換したものの価値÷クレジットカードの利用金額となるため)

Oki Dokiポイントの還元率をあげる使い方

JCB ポイント 還元率

Oki Dokiポイントの還元率をあげるのにおすすめはnanacoポイントなど、通常時に1ポイント5円相当で利用できる交換先です。

nanacoポイントはOki Dokiポイント1ポイントから5ポイントと交換できます。

1ポイント5円相当で使用できることになり、ポイントに無駄がありません。

さらに、nanacoポイントは年に数回、ポイント交換率をアップするキャンペーンを実施しています。

通常Oki Dokiポイント1ポイントでnanacoポイント5ポイントのところが、nanacoポイント6ポイントと交換ができます。

交換できるnanacoポイントが20%もアップするのでこれを利用しない手はなく、nanacoポイントへの交換はキャンペーン時に一気に行うのがおすすめです。

キャンペーンを利用してお得になる金額

キャンペーンを利用することでどれくらいお得になるかというと・・

利用金額:10万円
Oki Dokiポイント:100ポイント

通常時:100P×5=500ポイント(還元率0.5%)
キャンペーン:100P×6=600ポイント(還元率0.6%)

と還元率で0.1%、もらえる金額換算をすると20%もアップします。

nanacoポイントは1ポイント1円として、電子マネーのnanacoに交換することができるので、近くにセブンイレブンなどnanacoが使えるお店がある人はnanacoに交換するのがおすすめです。

セブンイレブンはJCBオリジナルシリーズパートナーなので、セブンイレブンではJCBカードの還元率が3倍(1%分のポイントが上乗せ)になります。

ポイントがたまりやすいだけでなく、ポイントを使う際にもセブンイレブンが有利なようにnanacoポイントへの交換がお得に作られているのは非常に嬉しいですね。

JCBカードはセブンイレブンと相性が良く、セブンイレブンユーザにおすすめのカードと言って良いでしょう。

nanacoが使えない人は、ビックポイントやベルメゾン、セシールのポイントなど1ポイントで5ポイントと交換できる交換先を探して交換するようにしましょう。

まとめ

JCBポイントのまとめ

Oki Dokiポイントポイントの使いみちや還元率をあげる使い方を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

まとめ
  • JCBは1,000円で1ポイントのOki Dokiポイントがたまる
  • nanacoポイントなどに交換で1ポイント5円として使える
  • キャンペーンで交換レートがアップすることがある

Oki DokiポイントはJCBカード特有のポイントで、商品やポイント、マイルなどと交換することができます。

交換レートの良い交換先を選択することで、1ポイント5円相当で使用することができます。

交換先としては使い勝手が良く、交換レートも良いnanacoポイントなどへの交換がおすすめです。

家電、生活用品、ネット通販などに使える多く有名なポイントと交換できるので、自分が使いやすいポイントと交換しましょう。

ディズニーのチケットなどと交換しても、交換レートが良いので満足度が高いと思います。

還元率を最大にするには、年に数回ある交換レートアップのキャンペーンを利用する必要があります。

nanacoポイントでは通常Oki Dokiポイント1ポイントで5ポイントと交換できますが、6ポイントと交換できるキャンペーンを随時実施しています。

キャンペーン時期にまとめてポイント交換することで、交換できるポイントを20%もアップできます。

ポイント交換を有利にすることで、還元率もアップしますので、還元率重視の人はぜひポイントの使い方にもこだわってみてください。

JCBのプロパーカードである「JCBオリジナルシリーズ」では、すべてのカードでOki Dokiポイントがたまります。

JCBオリジナルシリーズ特典の内容と還元率、お得なお店

2019年3月26日