JCB CARD Wのメリット(還元率・特典)とデメリット

JCBカードのオリジナルシリーズの中でも人気のカードにネット限定の「JCB CARD W」があります。

年会費無料で高還元とハイスペックで、JCBのお得な特典も受けられ非常にお得です。

気になっている人も多いと思いますので、JCB CARD Wのメリットや特典、入会条件、審査基準などについて見ていきたいと思います。

JCB CARD Wの基本情報

JCB CARD W
年会費 還元率 ブランド
完全無料 1.0% JCB
ポイント 発行スピード 電子マネー
Oki Dokiポイント 最短3営業日 QUICPay

JCB CARD Wはオリジナルシリーズでは唯一年会費が完全無料になっているカードです。

また、JCBカードのポイントサービス「Oki Dokiポイント」が1,000円利用ごとに2ポイント(10円相当)がたまり、還元率は1.0%と高還元です。

国際ブランドはもちろんJCBで、電子マネーはJCBが推進するQUICPayを搭載しています。

年会費無料で1%還元と、シンプルなハイスペックカードになっています。

さらに、ポイント還元率がさらに2倍になったり、5,000円から8,000円がもらえるお得な入会キャンペーンも随時実施していますので、気になる人は公式サイトで最新キャンペーンをチェックしてみてください。

【公式】JCB CARD W

JCB CARD Wのメリット

このようにJCB CARD Wは年会費無料で高還元のハイスペックカードで、以下のメリットがあります。

JCB CARD Wのメリット
  • 年会費が無条件で永年無料
  • ポイント還元率がどこで利用しても1%還元
  • オリジナルシリーズ特典の対象になる
  • JCB THE CLASSへの道が開ける
  • Oki Dokiランド経由でネット通販の還元率1%以上
  • QUICPayが使える

年会費が無条件で永年無料

まずは年会費が完全に無料となる点です。

「利用金額〇〇円以上」や「初年度のみ」という条件もなく、無条件で永年年会費が無料になるのは大きなメリットです。

JCBカードは特典やキャンペーンが多く、オリジナルシリーズで年会費が無料になるのはJCB CARD Wだけです。

年会費がかかるカードでもコスパが高くお得なカードが多いですが、クレジットカードに年会費を払うのに抵抗がある人でも安心して利用できます。

ポイント還元率がどこで利用しても1%還元

また、ポイントはどこで利用してもOki Dokiポイントが1,000円ごとに2ポイント(10円相当)たまり、還元率は1.0%と高還元です。

JCBオリジナルシリーズの一般的な還元率は0.5%となっているので、JCB CARD Wはポイント還元率が2倍となっています。

どこで利用しても1%の還元が受けられるのは、高還元カードの部類に入り、どこで利用してもポイントがたまるのでメインカードとしても利用しやすくなっています。

オリジナルシリーズ特典の対象になる

さらにJCB CARD Wではオリジナルシリーズ特典の対象にもなり、JCBオリジナルシリーズパートナーで利用するとポイントが2倍から10倍たまります。

JCBオリジナルシリーズパートナーにはAmazonやセブンイレブン、スターバックスがあり、Amazonで2倍、セブンイレブンでは3倍、スターバックスではポイントが10倍たまります。

倍率は一般的なオリジナルシリーズを基準としているため、JCB CARD Wだと少しわかりづらくなりますが、2倍であれば0.5%の上乗せ、10倍であれば4.5%の上乗せとなります。

還元率にすると、Amazonでは1.5%(0.5%上乗せ)、セブンイレブンでは2.0%(1.0%上乗せ)、スターバックスでは5.5%(4.5%上乗せ)となります。

Amazon、セブンイレブン、スターバックスにはそれぞれさらに還元率を上乗せする方法もあり、JCB CARD Wはこれらのお店をよく利用する人ならぜひ持っておきたいカードです。

JCB THE CLASSへの道が開ける

JCB THE CLASS インビテーション

さらにJCB CARD Wはオリジナルシリーズなので、利用実績を積むことで、オリジナルシリーズの最高峰でJCBのブラックカードであるJCB THE CLASSへの道が開けます。

JCB THE CLASSは年会費5万円のカードですが、毎年のプレゼントが2.5万円相当、5万円相当するプライオリティ・パスが無料付帯、高級レストランで1人無料で食事できるなど多くの特典があり、年会費以上の魅力のあるカードです。

券面デザインも高級感があって美しく、ステータスを重視する人にも嬉しい人気ブラックカードです。

このJCB THE CLASSは招待制のカードなので、自分から申し込むことはできませんが、JCBオリジナルシリーズで利用実績を積むことでインビテーション(招待)が届くようになります。

インビテーションを得るには長く利用実績を積む必要がありますので、人気のJCB THE CLASSを獲得するための実績を積み始めることができるのもメリットです。

後から欲しくなっても取得まで数年かかります。

JCB CARD Wを使っていれば、いざJCB THE CLASSが欲しくなった時でもすでに利用実績を積んでいるので有利になるメリットもあると言えるでしょう。

Oki Dokiランド経由でネット通販の還元率1%以上

また、ポイントモールのOki Dokiランド経由でネット通販をすると、利用額の1%以上が還元されます。

Amazonや楽天、Yahoo!、ベルメゾンなど、主要なネットショップでポイントが2倍から3倍になり、還元率が0.5%-1.0%アップします。

ネットショップ ポイント倍率
Amazon 2倍
楽天 2倍-3倍以上
Yahoo!JAPAN 2倍
ベルメゾン 3倍
JTB 3倍・5倍
一休.com 2倍
楽天トラベル 2倍
じゃらん 2倍
エクスペディア 4倍
Hotels.com 4倍

Amazonではポイントが2倍になる上、上述したJCBオリジナルシリーズパートナーでもあるのでさらに還元率がアップします。

JCB CARD W基本ポイント:1.0%
オリジナルシリーズパートナー特典:0.5%
Oki Dokiランド特典:0.5%
合計:2%

となり、合計で2.0%の還元を常時受けることができます。

Amazonでお得に利用できるJCBカードですが、中でもJCB CARD Wは際立った還元率になり、Amazonユーザにはおすすめです。

私もこの情報がわかってからAmazonでの買い物はすべてJCBカードに寄せるようになりました。

QUICPayが使える

また、JCBカードが推進する後払い電子マネー「CUICPay」を搭載しているので使用できます。

CUICPayは簡単な登録だけですぐ利用できるようになり、コンビニやファミレス、スーパー、レストランなど様々な場所で使用することができます。

特にクレジットカード払いをためらうコンビニやスーパーなどで使用するのがおすすめです。

レジで「CUICPayで」というだけで簡単に支払いが完了します。

さらにnanacoに搭載しているCUICPay(クイックペイnanaco)に登録すると、セブンイレブンでの支払い時にはnanacoポイントもつくようになり、ポイントの二重取りが可能になります。

200円の利用ごとに1ポイントがつくので、還元率は0.5%アップします。

上述した通り、セブンイレブンはオリジナルシリーズパートナーでもあるので、ポイントは常時3倍(1.0%上乗せ)となり、合計すると還元率は2.5%まで高まります。

JCB CARD W基本ポイント:1.0%
オリジナルシリーズパートナー特典:1.0%
Oki Dokiランド特典:0.5%
合計:2.5%

安売りのないコンビニで2.5%も還元があるのは非常に大きいですよね。

JCBカードはセブンイレブンに本当に強いです。

私はセブンイレブンユーザでもあるので、クイックペイnanacoをヘビーユースしています。

JCB CARD Wのデメリット、弱点

このようにメリットいっぱいのJCB CARD Wですが、デメリットや弱点と思われる箇所もあります。

JCB CARD Wのデメリット、弱点
  • 39歳以下でないと入会できない
  • オリジナルシリーズ特典のJCBスターメンバーズは対象外
  • ネット限定の申込

39歳以下でないと入会できない

JCB CARD Wは若者限定のクレジットカードで、39歳以下でないと新規申し込みができません。

JCBも出血大サービスをしているので、若いうちに会員になってほしいという思いからできているカードなのでしょうね。

40歳以上の人はJCB一般カードやゴールドカードを検討されるのが良いと思います。

一般カードは初年度年会費無料ですし、年間50万円以上利用があれば翌年度以降も年会費は無料になります。

また年会費に見合った様々な特典が追加されていますので、40歳以上の人はチェックされると良いでしょう。

なお、39再以下限定なのは「新規申込」だけで、すでにJCB CARD Wを持っている人は40歳以上になっても継続して持ち続けることができます。

40歳が迫っている人は早めにJCB CARD Wを作っておいて、継続保有できるようにしておくと良いでしょう。

オリジナルシリーズ特典のJCBスターメンバーズは対象外

また、オリジナルシリーズ特典の中で、「JCBスターメンバーズ」の特典はJCB CARD Wユーザは対象外となっています。

JCBスターメンバーズは利用金額に応じて翌年のポイント還元率が最大70%アップする会員優遇プログラムです。

JCB CARD Wは常にポイントが2倍になる特典がついていますので、JCBスターメンバーズは対象外となっています。

JCBスターメンバーズは最大でも70%還元アップで、還元率にすると0.85%です。

最高ランクでもJCB CARD Wの還元率の方が高くなっていますので、対象外なのは残念ですが、それ以上の特典が最初からついていると考えるのが妥当でしょう。

ネット限定の申込

また、JCB CARD Wはネット限定の申込となっています。

お得な特典を多数つけているので、コストのかかる対面でのカード募集は行っていません。

低コストで運営できるネット申込のみの特典といえます。選択肢が減ることにはなりますが、JCB CARD Wが欲しい人はネットから申込みましょう。

ネットならではのお得なキャンペーンも随時実施していますので、チェックしてみてください。

JCB CARD Wの詳細を見てみる

JCB CARD Wの審査基準

いざJCB CARD Wを作ろうと思うと、審査基準も気になると思います。

クレジットカードの審査基準は世の中に公開されていませんが、申込みの基準として公式サイトには以下のように記載されています。

JCB CARD Wの審査基準
  • 18歳から39歳まで ご本人または配偶者に安定継続収入のある方(高校生除く)

18歳以上であればカードを作ることができ、また本人に収入がなくても配偶者に収入があればカードを作ることができます。

学生や専業主婦の人でもカードを作ることができるのは安心ですね。

また、発行スピードも早く最短で3営業日程度でカード発行がされます。(通常は1週間程度)

JCB CARD Wの還元率を最大化する方法

JCB CARD Wは1,000円利用ごとに2ポイントのOki Dokiポイントがたまります。

Oki Dokiポイントは1ポイント5円相当の価値があるので、還元率にすると1.0%です。

これだけでも高還元のカードですが、nanacoポイントに交換することで還元率を最大化することができます。

Oki Dokiポイントは各種商品や電子マネー、ポイントと交換することで使用することができ、nanacoポイントは通常はOki Dokiポイント1ポイントで5円相当と交換可能です。

ですが、JCBではnanacoポイントの交換レートをアップするキャンペーンを定期的に行っており、キャンペーンを利用することで1ポイント6円相当と交換できます。

1ポイント6円で使用できることで、還元率もアップし、どこで利用しても1.2%の還元が可能になります。

JCBオリジナルシリーズパートナーでの使用ではさらに還元率がアップし、Amazonやセブンイレブンなら2.4%、スターバックスでは6%と驚異的な還元率になります。

セブンイレブンでは上述したクイックペイnanacoでポイントの二重取りができ、さらにnanacoポイント(200円ごとに1ポイント)ももらえるので2.9%まで還元率が高まります。

スターバックスではWeb登録したスターバックスカードのチャージカードとし、Goldstarがたまるようになれば、7,000円利用ごとに700円のReward eTicketがもらえます。

還元率10%が上乗せされるイメージなので、実質還元率は16%と信じられないほど高くなります。

スターバックスカードに登録できるカードはJCBだけではありませんが、ポイント還元も考えるとJCBカードがスターバックスを最もお得に使えるカードになります。

通常でも還元率は高いですが、nanacoポイントのレートアップキャンペーンを利用することで還元率を最大化できますので、JCB CARD Wを使うならぜひこのキャンペーンを活用してお得にOki Dokiポイントを使っていきましょう。

ちなみにnanacoポイントアップキャンペーンは直近だと以下の日程で行われていました。

2017年4月25日~7月18日
2017年7月25日~10月16日
2018年3月16日~7月5日
2018年12月18日~2019年1月10日

年に2,3回は実施されているので、キャンペーンを見かけたらぜひ活用していきたいですね。

まとめ

JCB CARD Wのまとめ
  • 年会費無料でどこでも1%還元のハイスペックカード
  • 手厚いオリジナルシリーズ特典も受けられる
  • ネット限定のJCBのメインカード候補

JCB CARD Wは年会費が完全に無料で、どこで利用しても1%還元を受けられるハイスペックなカードです。

さらにオリジナルシリーズの特典を受けられるので、Amazonで2%、セブンイレブンで約3%、スターバックスで6%を超える還元を受けられる超高還元カードになります。

他にもお得になるお店は多いですが、セブンイレブン、Amazon、スターバックスをよく利用する人にとっては非常に強力なカードになります。

オリジナルシリーズなので、利用実績を積めばJCBのブラックカード「JCB THE CLASS」を作ることもでき、今をお得に利用しつつ、将来のステータスカード獲得への布石にもなる万能カードです。

39歳以下ネット申込み限定となりますが、条件に当てはまる人はぜひメインカードとして使いたいお得なカードです。

キャンペーンもポイントがさらに2倍になったり、5,000円から8,000円がもらえるお得なものを随時実施していますので、ぜひチェックしてみてください。

JCB CARD Wの最新キャンペーンをチェック

JCB CARD Wの詳細を見てみる